3月, 2014年

真空包装機による凍結含侵調理勉強会

2014-03-17

川内厨房食器株式会社様に凍結含侵調理についての説明を行っていただきました。

凍結含侵法とは、広島県保有の特許技術で、「食材の内部に他の物質を急速に含侵させる(浸み込ませる)特許技術」で、この方法を用いれば見た目はそのままで、歯ぐきや舌で簡単につぶせるほど柔らかい介護食を作ることできるそうです。

 

これが、講演の様子です。





 

実際に鶏胸肉・さば・ごぼう・たくあん・ブロッコリー・ジャガイモ・大根・レンコン・白菜の試食も行いました。

 



 



 



 



 

今回、栄養士・厨房スタッフ・言語聴覚士・看護師を中心に、食材が軟らかくなる仕組みや、作り方などを説明していただきました。参加した職員からは、「すごいね。」「患者さんに喜ばれるかもね。」などの感想が聞かれました。

導入に向けてはまだ課題は多いですが、今後も患者さまに喜ばれる食事を目指し、日々勉強・努力をしていきたいと思います。

 

川内厨房食器株式会社様、とても夢のある調理法を教えていただきありがとうございました。

 

Copyright© 2012 枕崎市厚生会小原病院 All Rights Reserved.