栄養科

<栄養科>

 

※作成中・・・

 

 

栄養管理を通して患者さまの治療・回復のサポートを行うことを目指しています。

 <栄養科での取り組み>

地域連携

◆栄養情報提供書◆

入院患者様が退院後も継続的な栄養管理を行えるよう入院中の食事内容、食事摂取状況などについて情報提供書を作成しています。情報提供を行う事で当院退院後も患者様の病態、咀嚼・嚥下力、嗜好にあった食事をどこでも安心して食べていただけるように取り組んでいます。

◆食事形態資料◆

転院・転所が予想される方や給食サービス、通所リハを希望されている方も栄養管理の目標を明確にするため、各施設・病院の食種・食事形態情報を細かく表示した資料を作成しています。  

◆栄養指導◆

当院では外来・入院患者様へ栄養指導を行っています。患者さんの食事内容、生活リズムや価値観に合わせ栄養指導を実施するために、今までの指導資料以外にも現在パワーポイント資料に力を入れて作成を行っています。目で見て分かりやすい資料を作ることで、患者様への食事療法の理解を深められるよう日々心がけています。糖尿病・高血圧・脂質異常症などの生活習慣病を始め、食事と健康管理について疑問や相談などがありましたら、いつででもご相談ください。今後は様々なテーマで集団栄養教室なども実施予定ですので、興味のある方は小原病院までご相談ください。

◆レシピ作り◆

当院では常食・軟菜食を始め、嚥下食ややわらか食など咀嚼や飲み込みにも配慮した食事を提供しています。年間を通じて様々な献立がありますが、見た目・味・盛り付け方にもこだわって食事提供を行っています。このような食事を日々提供できるのも、厨房スタッフが各料理ごとに作り方のコツや盛り付け方などをまとめたレシピがあるからです。どんなスタッフが対応しても同じ食事を提供できるように、厨房スタッフがレシピ作りを行っています。

<誤嚥食>    <やわらか食>    <献立>

 

 

◆勉強会◆

月に1回の頻度で、厨房スタッフの技術・知識向上の為、日常業務終了後勉強会を実施しています。衛生管理を始め調理の仕方やコツなど定期的に勉強会を行い、スキルアップを目指しています。

 

<食事について>

一般治療食・・・常食・軟菜食・五分菜・三分菜・流動食など

特別治療食・・・エネルギーコントロール食・蛋白コントロール食・脂質コントロール食・減塩食・貧血食・低残渣食など

 

 

◆当院の食事形態の紹介◆

<開始食><嚥下食><ミキサー><やわらか食><軟菜・一口大><常食>

 

 

<誤嚥食>                          <やわらか食>

      

※当院では食欲のない方や、化学療法などで食事が進まない方への配慮も行っています。

<ハーフ食>  

                        



<きぼう食>

嘔吐症状などにより食欲不振の方や終末期で食事摂取量が著しく低下した方へ食べる意欲をサポートするために、嗜好を尊重した食事を提供しています。食べる意欲のない方は、食べたい食品が頭に想像しにくいため、症状ごとに食べやすい食品をパンフレットにて紹介しています。

  

 

 

<栄養科行事食紹介>

当院では加工食品や調理済み食品は基本的に使用せず、素材の味を生かし季節感を損なわないように心を込めて食事を提供しています。一部ですが当院での行事食を紹介致します。
花見弁当(4月) こどもの日(5月) 母の日(5月)
     
父の日(6月) 七夕(7月) 土用丑の日(7月)
     
きばらん海(8月) お盆(8月) 敬老の日(9月)
     
秋分の日(9月) 運動会メニュー(10月) 勤労感謝の日(11月)
     
クリスマス(12月) 冬至(12月) 元旦(1月)
     
七草(1月) 鏡開き(1月) 節分(2月)
     
ひなまつり(3月)    
     
 

 

 

 

 

 

 

 

Copyright© 2012 枕崎市厚生会小原病院 All Rights Reserved.